おどやんの船釣りブログ

さいたま市在住の船釣りと大宮アルディージャと他人の痛風をこよなく愛するおじさん

3/28 テンヤマダイ 大洗 昭栄丸

浅春の候、皆様におかれましては
益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。


昨日、ぽかぽか陽気の好天のなか
5年ぶり位?に大洗の昭栄丸さんへ
痛風社長となかよく参戦して参りました。



大宮を2時半にでて、柏まで下道、
柏から高速で大洗へ
途中コンビニ休憩しながら
4時20分に船宿へ到着。



4時半に女将さんが来て受付して
5時出船。


合計9名で楽々出船となりました。
いやー平日釣行最高です。



船に乗って、竿の準備をしていると
女将さんから、餌の海老が小さいから
テンヤの上に食わせ針を1~2本つけると
メバルが釣れるよとのアドバイスがあり、




早速女将さんからお勧めの
ハナダイ仕掛けを購入。(400円)

6本バリなので、2本きってテンヤの上に装着。


そうです。おどやんはこういう
邪道なのが好きなタイプです。



おどやんは犬でいうと雑種タイプです。
しかも家の外で飼われるやつ。


痛風社長にもつけますか?とお勧めするものの、


メバルなんぞいらん。今日はデカイマダイで鯛しゃぶだ」と


その時点では彼はそうおっしゃっておりました。
そう、まだその時は・・・・



出船すると、女将さんからキャビンへ入るよう
誘導されたので
走るの?と尋ねるとうんと返答があり、
約50分移動、場所はHOBO鹿島・・・


6時前に早速開始、
餌が配られますが
想像以上に小さいです。
確実にかっぱえびせんより小さいです。


風も波もなく海上は湖状態。



運命の第一投。
かわいいハナダイが釣れました。
その後0.3キロのマダイ。
しかも
2匹とも食わせ針です。


その後、ベラがテンヤ針にかかって
つれましたが、その後も食わせ針ばかりに
小さいハナダイがかかってきます。



となりの痛風社長は、じぇんじぇん
釣れないので、
「食わせ針つけますか?」と尋ねると


そんな小さなハナダイなどいらん。デカイマダイだ
と、テンヤに見切りをつけて、タイラバをやり始めました。



そんな痛風社長をよそにおどやんの食わせバリには
小さいハナダイ、メバルがジャンジャンかかってきます。



まわりの方々もテンヤをやめて
本格的に胴付のメバル仕掛けで
メバル大提灯を始めました・・・
(最初から長竿でメバルをやっていた方もおりました。)



船中でただ一人坊主になりかけ、
先程まで小さなハナダイなどいらんと
おっしゃっていた痛風社長も
ついにタイラバの竿を手放し、
食わせばり1本をつけてテンヤに復帰。



すると、やっと痛風社長にもあたりがあり、
釣れたのは
ショウサイフグ、
ベラ、
ショウサイフグと、
赤い魚はかかりません。



その後も、ベラに愛された痛風社長は
ベラベラベラと
V6ならぬ
ベラ6を結成。



(痛風社長の桶 ベラ6withフグ)



(おどやんの桶)




こうして、後半は完全な五目釣りとなり、
12時過ぎに沖上がりとなりました。




今回の釣果
おどやん
マダイ1(300g)
ハナダイ(HOBO小)19 (宿には15位と報告)
メバル13
ベラ5



痛風社長
メバル4
ショウサイフグ2
ベラ6



釣行後、痛風社長宅で
マダイでのしゃぶしゃぶ
を待っている家族のために、


近くの大洗の市場で
1匹600円のマダイを2匹買うという大技
「波平スタイル」をやってのけた


哀愁漂う痛風社長の後姿を
私は忘れないようにと
心に刻み込み


「3.28 その時、歴史は動いた」
そっと呟いたおどやんであった・・・



(写真はもう少し安いやつ・・・)



帰りは、全部高速で帰りましたが
途中ガソリン給油マークがでてしまい
一度途中下車をするという失態もありましたが
天気も良くとても良い休日となりました。




ベラに愛された痛風社長。
きっと若いころの愛読書は
デラ(ベラ)べっぴんに違いない
そんな痛風社長改めベラ社長に
皆様からの温かい励ましの
「船釣り」をぽちっとを お待ちしております。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。