おどやんの船釣りブログ

さいたま市在住の船釣りと大宮アルディージャと他人の痛風をこよなく愛するおじさん

アカムツ料理 キモと胃袋の卵とじ

あっ、また動いた(噛んだ)
アニサキスの大家のおどやんです。


釣り人の特権。
新鮮な魚の内臓


セコビッチのおどやんは
キモ、胃袋等の内臓も美味しくいただきます。


胃袋はよく塩で揉んでその後、包丁で
こそいでヌメリを取ります。


そして、キモと胃袋と魚卵等を
日本酒に漬けて臭みを取ります。


そんな内臓軍団を
みりん醤油で焼いて食べるか、(みりん焼き)
味噌汁などに入れて頂いていましたが、
今回は、卵とじにしてみました。



昆布で取っただし汁を沸騰させて、内臓をIN。
1分位火を通したら、卵とネギをいれて、
みりん、酒、しょうゆで味付を整えます。


火を止めて鍋に蓋をして蒸らしたら完成。



おどやんは七味派なので、
七味INバージョンでいただきます。



超うまーー。
ご飯とお酒が超ススミます。



釣り人の皆さん
どうせ捨てちゃうなら
是非一度お試しください。


痛風の方はご遠慮下さいね
(でも痛風持ちのベラ社長はどんどん食べて下さい(笑))



熟成待ちのタイミングには
もってこいの一品です。


おいしかったから、
またつくろーっと。


そしてこの後、アニサキスに寄生されてしまった
アニサキスおどやんに憐みのポチッとを鬼ヶ島。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。