おどやんの船釣りブログ

さいたま市在住の船釣りと大宮アルディージャと他人の痛風をこよなく愛するおじさん

カツオ料理 手抜きの(塩カツオ)

イナダ・ワラサで一時期、流行った塩ワラサの
カツオバージョンをやってみました。


準備するもの。
〇塩
〇厚手のビニール袋
(会社のシュレッダー用を許可を取ってわけて貰いました。)
〇キッチンペーパー


①まずカツオの外に塩を塗りたくります。
②キッチンペーパーでカツオを巻く
③袋にインして冷蔵庫へ
④一日寝かして食べます。


血抜きしたカツオで、そのままのものと
血抜きして、内臓・エラを取ったもの
を2本同時にやってみました。
(切った部分(内臓)には塩をしません)


上のカツオはそのまま
下のカツオはエラ・内臓をとってあります。



(ビニール巻き巻き)



そのまま、一日寝かして、翌日の夜に捌いてみると、
そのままのやつは、コマセのニオイが・・・・



しかし、実際にサクにして食べてみると
コマセの臭いは問題なし。(においません)



肝心の味は、どちらも大きな違いはなく、
ねっとりとした深い味わいで美味ですが、
当日の新鮮カツオには勝てません。


(塩ワラサは、生より身が締まって美味です)



当日に、捌くのがめんどくさい時には
ありだと思いますが、1~2匹程度の釣果の時には多分しません。


今度、大きなカツオが釣れたらまた試してみます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。