おどやんの船釣りブログ

さいたま市在住の船釣りと大宮アルディージャをこよなく愛するおじさん

第5弾 秀吉丸 ついに念願のキ・ハ・ダGET

いつもおどやんの
ねちっこいブログを読んでくれている皆様
ありがとうございます。


最近は、仕事で初めて会う人に
「初めまして、キハダマグロを釣ったことがある〇〇です」と


自己紹介するようになった
鼻につく行動を即実践する男


そんなおどやんです。


すっかり遅くなりましたが、
キハダの釣行記です。
誰も期待していないと思いますが、
自分の来年の参考(記録)用に残していきたいとおもいます。


もうすっかり秋の天気。
キハダ・カツオの釣果が落ち込んでおり、
もう今度の休日は、タチウオに浮気しちゃおうかなー、
なんて思っていたある日の夕方、
いつものように、 仕事中に HPの釣果をパトロールしていると、
各船、キハダがヒット多数の文字が・・・・・
(おどやんは、釣果を確認することをパトロールと呼んでいます)



そんな釣果を見たおどやんは、
居ても立っても居られず


自分の奥様を必死のパッチで説得し、
得意の大技


勝手に休日変更


しかも今回は、更に


ZENJITSU)前日 & (YUUGATA)夕方


というありえない、合わせ技を繰り広げ、



日向小次郎級の
ごういんなドリブル」を発動。





おりゃおりゃーと嫁ちゃんを押しのけ
 急遽秀吉丸さんにお邪魔してまいりました。


会社の皆様、自分の奥様
本当にすみません・・・・・
反省してまーす。(2回目の國母風)






船宿に着くと、すでに大勢のお客様がおり、
片側8~9人で定刻通り出船しました。


まずは、ゆっくりと恒例のパヤオへ・・・
しかし、6時20分頃に
突然エンジン全開


しばらくすると、パヤオにいく途中のポイントで
すでにカツオを釣っている船が・・・


みるみるうちに多くの船が大集合です。


6時半 スタート
おどやんはいつも通り
8号2mの仕掛けで勝負です。


指示棚10m
1投目、投入後すぐにブルブルっときて
抜きあげて小さいカツオゲットです。


もう、入れれば確実にあたりがあり、
入れ食い中の入れ食い
(観光地のニジマスの釣り堀レベル)


腕の悪いおどやんは、仕掛けを切られまくり
バラしまくりで結果、カツオ9匹。
(仕掛け5組以上ロストしました)


途中から、キメジ狙いで16号4.5mで
やっていましたが、
残念ながら、なーーーんにも(カツオ)も喰いません。


1時間半程度、カツオをやって、
8時過ぎにマグロの場所へ大移動。


9時頃マグロ狙いの場所に到着し、
各船が散らばっている状況です。




マグロの反応はポツポツあるそうで、
指示棚40m


仕掛け18号6.5mでスタート。
1時間ほどやってみますが、船中当たりなし。



しかし、10時過ぎに突然時合が・・・
反対側で「ヒットー」の声。
しかし、瞬殺(涙)


船長のアナウンスで
「8m位の長い仕掛けのほうが良いよ」とのことで、
おどやんは、24号8mの仕掛けを作成し、再度勝負。
(事前に糸の先に針だけ結んでおいて、現地で長さ調整)



すると、投入直後のおどやんの竿に反応が・・・・・
早速どりゃーと手持ちで合わせましたが、
もうドキドキしすぎで、
アドレナリンが出まくりです。


ジーーーーーーーーーっと糸が出ていきます。
人生2回目のあたり(瞬殺除く)


幸いなことに
今回は胴の間、船長がすぐ横です。


船長から「マグロリングは?」との問いに
「持ってない」と告げると
「はい残念。さよならー・・・」との回答(涙)
先ほどサメが海面にいたのを思い出しました。



道糸が130mほどでて、その間、船長がドラグ等を
すべて調整してくれました。(超感謝)


おどやんの電動リールは、パワーがあるので、
手で道糸を引かないで、
電動の27位?の力でやっていればOKとのこと。
とにかく緩めない。
バックラッシュ注意。
竿がビクンビクンしている間は、まだキハダが元気。
ドラグの調整(キハダが引っ張ったら少しだけ緩めるなど)


船長からありがたいアドバイス。
(記憶があいまいですので、間違っていたらお許し下さい)


時間にして15分位でキハダが上がってきましたので、
船長からどんどん巻き上げろとの指示。


途中50mで、ふわっとしたので、サメかも?と伝えると。
フルドラグでガン巻きの指示。
「サメに喰われるより、ばらしたほうが断然かっこよい」とのこと。


こうして、船長から叱咤激励を受けながらなんとか念願のキハダが釣れました。




(そんなキハダさんがこちら↓)



(サメに少しおしりかじられたけど・・・)
(船長・タモ入れしてくれた常連様ありがとうございました)


そこから、ナイフでエラ・内臓をとり、
船のクーラーに保管。
(胃袋の中は、コマセで一杯でした。)


もうニヤニヤ顔が止まりません。
おどやんから
おニヤんに進化しました。


それからは、「おニヤん」に再び当たりはありませんでしたが
ほかの方もヒット多数、船も一日流しっぱなしでした。



最後のほうに、少しシイラが釣れだし
全員シイラをポイポイとリリースしている中、
「おニヤん」にもシイラが釣れて、
そのシイラをこっそりとクーラーにしまう
セコビッチの「おニヤん」は、みんなからの
視線が痛かったです。
(お前、キハダもあるのに、シイラいるの?という雰囲気…)
だって、フライで食べたいんだもん・・・


今回釣れた仕掛け
針はジャイアンとキハダ16号
糸は24号8m
奇跡の海老1.5匹掛
補強パイプ・かざりもの一切なし
(いつもはケイムラの補強パイプ付)


釣れたあとに、漢ふりかけ超も使いましたが
なんにも反応ないので、もう2度と買うことはないでしょう。



今回の釣果
おしりを少しかじられたキハダ  1匹
カツオ 9匹(小~やや中型)
シイラ 1匹(きっとみんなから冷ややかな目で見られた)


急遽、会社を休んで自分の趣味である釣りにいき、
奥様・会社の皆様にご迷惑をおかけしました。


でも、おかげさまでやっと念願のキハダ(少しかじられたけど)
が釣れました。


秀吉丸の船長、常連さん
本当にありがとうございました。


また来年もよろしくお願いいたします。




追伸。捌いたあとのキハダとカツオの
生ゴミの量が半端ない・・・


まだ反抗期を迎えていないはずの娘
と生ゴミ(3重にしてます)


こんなイカレタ釣りのへたなジジイでも自作の
仕掛けで釣れたので、まだ釣れていない方も、
頑張ってください。
やっぱり行かないと釣れないです。


毎日マグロ三昧ですが、マグロの旨さに感謝しております。
おどやんは、キハダをまだ釣っていない友人を
心から応援しております。
がんばれーーーーー
(携帯の名前を変更してもらえるその日まで・・・)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。