おどやんの船釣りブログ

さいたま市在住の船釣りと大宮アルディージャをこよなく愛するおじさん

カツオ料理 新開発 激ウマ 「堂々 HOBO 完成」

今年も何匹のカツオを食べたのでしょうか?
 例年に比べ、今年は特にパヤオの小さいカツオが多いため、
 脂のノリは少なく、よく言えばあっさり・さっぱりした
 カツオです。



次男からの「またカツオー」を回避するため、
・刺身・ユッケ・ヅケ・タタキ・シーチキン
 ・梅カツオ・アボカドカツオ・から揚げ・レアカツ
 ・血合い焼肉・塩カツオと色々試しましたが、これだけ食べるとさすがに飽きます。



よって、おどやんが完全オリジナルで新開発してみました。
 (ほかのHP等に載ってないと思うよ。万が一載ってたらごめんね。)



名付けて 激ウマ
「カツオのヅケ炙りチーズ」




とても簡単です。
ヅケのカツオを炙ってチーズをかけるだけ。


 材料 ・釣ったカツオ
   ・本みりん、酒、創味のつゆ(同量 各50~100CC)
     (1:1:0.8位 創味のつゆのみ気持ち少なめ)
    ・白ごま(多めの適量)薬味(ネギ・みょうが等なんでもOK)
    ・ニンニク・ショウガ (各1~2カケ)
    ・チーズ(KALDIのアリゴがお勧め) 
    ・うなぎのタレと山椒(こいつがポイント)



まず、カツオをヅケにします。
本みりん・酒を同量、鍋にいれて、火にかけアルコールを飛ばします。



アルコールが完全に飛んだら、そこに創味のつゆ(麺つゆ)を追加。
さらにひと煮立ち(短時間)させ、すぐ冷まします。



そこにすった大量の白ごま、刻んだ薬味(ネギ等)おろしたニンニク・ショウガを投入。



ヅケのタレ(素)が完成。そのまま鍋ごと冷まします。
(おどやんは、釣りの前日に鍋にかけ、そのままにしておきます。)



冷めたヅケのタレを保存パックに移し、
柵にした釣りたてのカツオを投入。
1~2日冷蔵庫で保存します。



このままカツオのヅケとして食べても十分美味しいです。
 (追加の薬味(ネギ・ミョウガ等)にヅケと多めのタレをぶっかけて
 ヅケ丼もウマーです。)



寝かしたヅケをバーナーで炙り、タタキにします。
 



タタキをお好みの厚さに切り、お皿に盛り、
KALDIで買ったチーズを30秒チンして、
とろけたところをカツオにかけます。

(150円位で売っています。安いし重宝します。)


チーズの上から、鰻のタレと山椒をかけて完成。


(写真にはありませんが、お好みで海苔、
  トマト・タマネギのスライスと一緒にどうぞ。)



おどやんは韓国海苔にのせて頂きます。
めちゃくちゃ旨い。ビールに合います。


これ、 ほぼ(HOBO) 完璧。
おどやんは3日目のヅケでやってみましたが、
 子供の箸が止まりません。ほぼ(HOBO)最強です。
 (2日目長男の晩飯が急遽不要となった為、余ったヅケを3日目にアレンジしました。)




※鰻のタレと山椒とチーズがめちゃめちゃあいますが、
  ない場合は、黒胡椒を振って、トマトとか、タマネギスライスとか
 で食べても美味しいと思います。
(追記:ブリでやってみました。さっぱりしたカツオのほうが合いますね。)



 冷凍していた、夏に釣ったほっそいタチウオでも
 同じように食べたら美味しかったです。


みなさんもよければ、是非お試しください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。