おどやんの船釣りブログ

さいたま市在住の船釣りと大宮アルディージャと他人の痛風をこよなく愛するおじさん

2日目 おどやんvs雑草編

2日目の朝7時にホテルを出て、
さっそく現地に向かいます。


実質昨日はなーんにもしていないので、
最終日のアカムツ釣りのためにも
今日は本気で頑張ります。



雑草対策に購入した除草剤
その名も「ネコソギ」
名前がとても良い!!


俺が雑草を抜くのは無理だから
お前に託す。頼んだぞ「ネコソギ」!



箱に入っていた付属のカップに除草剤を入れて
ソーラーの前に撒いていきます。



しかし、これがおもったより重労働・・・
ソーラー前の位置が低いので腰を曲げなくてはいけません。




(こういうイメージです。)


しかも、マスクをしていないのに、
腰をかがめて撒くため、
除草剤と顔の距離が近くなり


気付かないうちに
除草剤の粉末を吸ってしまい
途中で気持ち悪くなってしまいました。




はぁー。こんなんだったら
業者にやらせたほうが絶対良かった。
もう、釣りもしないでこのまま家に帰りたい・・・



ネコソギは雑草を枯らせる前に
おどやんのやる気を
ネコソギ枯らせてしまいました。



しかし、ホテルまで宿泊して
そのまま帰るわけにはいきません。
(アカムツ船も予約しちゃったし)



そこで自分の心を再度奮い立たせて
ホームセンターに向かい
マスクとジョウロを購入。


ジョウロの先を改良して
水を撒くように除草剤を散布します。


これなら腰も曲げないし楽ちんです。



しかし、付属のカップで撒くより
余計に除草剤がでてしまうため、購入した
6箱のネコソギでは足りなくなり
途中追加購入することに・・・


結果合計20箱のネコソギを
購入する羽目になりました。



朝7時から休憩なしで6か所全力で散布。
18時に旭市の現場がやっと終了。



もう体中汗だらけで
加齢臭+汗臭い+除草剤まみれの酷い状態に・・・


風呂、風呂はどこじゃーと
即、ネット検索して銚子の銭湯に移動



ここが、昔ながらの銭湯で
なんと入湯料370円(激安) 


シャンプーと石鹸 合計70円



全身にカラフルなデザインを
施しているお客様がいたり、


番台の親父と脱衣所のお客さんが
煙草を吸いながら世間話したり


THE昭和の古き良きスタイルの銭湯でした。
こういう地元の銭湯には頑張ってほしいです。


さっぱりして船宿に向かいます。



そして今回お世話になる船宿さんは、
孝進丸さん。


初めてなので来る前に電話してくださいと
言われ電話をしてから19時過ぎに到着すると


かわいいおかみさんがとても丁寧に
船の場所・泊まる宿の場所まで車で誘導して
教えてくれました。


おじさん超感動。

夕食時の忙しい時間に
口とか地図で説明とかではなく、親切に
車で誘導して説明してくれる人って初めてです。
(某船宿の受付のおばさんに見習ってほしいわい)



そこから、今日の重労働のご褒美に
ネットで調べて銚子の海鮮人気店に向かいますが・・・


二か所とも閉店済でした。
閉まるの早いなー


しかたないので、道沿いにあった
魚屋の島武さんで食事



(寿司コース エビフライ選択 2160円)
車なのでビールは我慢。


感動はないけど普通に美味しく頂きました。



宿に戻ると、おじ様3名が釣り談義中。
おどやんは隅っこで
ビールを飲んで9時に就寝。


明日のアカムツ釣りに備えます。


布団が3組敷いてありますが
おばあちゃんが間違えて多く敷いたそうです。


おどやん一人部屋でトイレも奇麗だし
これで宿泊費1000円で超満足です。



最終日 アカムツ釣りにつづく














しれっと終わらそうとしてますが、
経費・・・・・ですよね。


20箱×3600円=72,000円


除草剤      72,000円
じょうろ        780円
マスク         100円
ホテル代      8,000円
高速・ガソリン代約10,000円
おどやんの人件費  プライスレス(笑)


合計 約90,880円+おどやんの人件費


業者に頼むと55,000円・・・・



やばたん・・・結果、業者のほうが断然安かったことは
自分の胸の奥にそっとしまっておきます(笑)・・・・・・


流石に申し訳ないのでホテル代は自腹にしておきます(涙)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。