おどやんの船釣りブログ

さいたま市在住の船釣りと大宮アルディージャと他人の痛風をこよなく愛するおじさん

9/13 秀吉丸 カツオ・マグロ船 



当初12日(火)を予定しておりましたが、悪天候により
出船中止となったため、急遽休みを「顧客事情による日程調整」
という名の「一人勝手にずらし」という大技を繰り出し
翌日の9月13日(水)に会社をサボって参戦してまいりました。



平日にもかかわらず多くのお客様が集まり
駐車場は4時40分でほぼ満車・・・・・
船にも大勢のお客様が来られておりました。





おどやんは自分の好きなタイミングで釣りをしたいので、
基本一人で釣行することが多いのですが、
(友達が少ないだけとか言わないでほしい・・・)


その場合、両隣に
「今日はよろしくお願いいたします。」
と、あいさつするように心がけており、
それだけでもおまつりしたときなども
お互いに気持ちよく釣りができるので
必ず行うようにしています。
(ここの船はお客さんも良い方ばかりです)



今日は特に隣の常連さんがとてもいい方で、
75リッターのクーラーに氷20キロ弱入った
重いクーラーを一人で運んでいると、
(ビックレジャーはコロコロがありません【涙】)


一緒に持って運んでくれたり、
途中、「コマセ良かったら使って」と
分けてくれたり、とても気持ちよく
釣りができました。ありがとうございました。


釣果のほうは、
朝6時ちょい前に出船 ベタベタの凪です。



パヤオに向かう途中にカツオの反応があるということで
10分程度やりましたが、ミヨシのルアーの方が
連発してカツオを釣っていましたが、
コマセ組にはあたりません・・・・・


そこで7時ちょい前にパヤオに移動して
7時に投入、8号2mの仕掛けで勝負です。
(棚は5m~10m途中15m)


おどやんは、前回よりも、すごい小さいカツオを2匹
(コマセマダイとかで釣れるソーダよりちょっと大きい程度【涙】)
を釣りましたが、坊主の方もいました・・・・・
今年で1番状況は良くなかったと思います。


1時間もたたないうちに場所を移動し、
マグロ狙いとなりました。


ストップ&ゴーの釣りではなく、
各船が散らばって釣るスタイルで
終始、棚は35m~40mでした。


開始早々に、右の胴の間の方が、キハダをキャッチされ
次の流しでも別の方にマグロのあたりがでて、
船中が活気づいてきました。

今日の特エサとして、
奇跡の海老(800円)を持参。




おどやんも奇跡の海老で
キハダ様を釣る気満々でしたが、



キハダ様からのいじめに遭い

無視完全無視華麗なるスルーパス


両隣と真後ろの方もキハダのあたりがあったのに
おどやんには一切なーんにもありません。


またもや撃沈・・・


奇跡の海老は、手前はそれなりにでかいのが入っていますが
奥のほうは、小さいのが多いように感じます・・・
でも、普通のオキアミ餌より、持ちが断然によいので
今後も使用してみたいと思います。



(上が奇跡の海老 下がブロックの中で一番良いオキアミ)





仕掛けは、長いのが良かったみたいで、
かけた方も1匹丸掛けの方が多かったようです。
(船長は当たった方に、すぐ仕掛けとエサを聞いて放送してくれます【最高❤】)


途中サメが2匹、船について、こちらの船でもガジガジされてしまいました・・・

(優雅に泳ぐサメ・・・・・・・・)




最後に、エビングの方が30キロのキハダを釣ってタイムアップ。
となりの良い常連さんに小さいカツオを1匹おすそ分けして帰宅となりました。



くそーーーキハダめーーーー 毎回、俺の事を無視しやがって、


おどやんは
〈しつこい&ねちっこい検定3級所持者〉&〈さそり座の男〉だから
ストーキングして絶対釣ってやるからな。

それまで太って待ってろよ。キハダ
(もうキメジでも良いです)


帰宅後、カツオさんは、
次男からえー、またカツオーと言われながら
美味しく頂きました。


(捌く途中にカツオの写真を撮ってないことに気づいて撮りました)



カツオさんごちそうさまでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。