おどやんの船釣りブログ

さいたま市在住の船釣りと大宮アルディージャと他人の痛風をこよなく愛するおじさん

美味しくない〆サバ 改良計画

先日夜釣りで釣ったマサバちゃん。
(正式にはK太が釣ったやつ)


〆サバを作ってみましたが、
脂がじぇーんじぇん乗ってなく
さっぱりしずぎというか、
じぇんじぇん美味しくありませんでした。



おどやんの魚料理の師匠(勝手に言っている)
早起き聡丸さまのHPレシピでも、
ほっそいサバの対処方法は乗っていないので
とにかく脂っけがないので、脂を追加。



脂っていったら、マヨネーズ。
ただ、マヨネーズをかけるだけじゃ
じぇんじぇん面白くないので、
ぶっつけ本番。



おどやんのストロングゼロ350缶を飲みながら
キッチンドリンカーアレンジ料理を開始。
(500缶は危険です)



まずはシメサバ作成。
脂のないサバに塩をふり、ざるにいれて
20分(脂がないので短めでOK)
冷蔵庫で臭み取りをします。



サバをさっと水で洗って、キッチンペーパーで
水気をよく取ります。


サバ、酢、みりん少々、ショウガをジップロック入れて
30分冷蔵庫で冷やして 
脂がのってないシメサバの完成。



①シメサバ・ショウガを細かく包丁で刻みます。
(アニサキスも死ぬので細かく切ってね)


ひきわり納豆(付属のからし・タレ入)をよく混ぜて
マヨネーズと創味のつゆ少々(麺つゆ)をINしたあと、
①を入れマゼマゼ。


オクラがあればオクラ(触感がよくなります)
なければネギを薬味で入れてください。


最後にタバスコを多めにかけて完成。(これ重要


スタミナ〆サバ納豆の完成。


こいつ・・・・うまーーー。
あの、パサパサしていたシメサバが
マジでうんまーーーーー。


野村監督ならぬ、
おどやん監督の〆サバ再生工場やー!
(彦摩呂風)



マヨネーズと納豆という組み合わせ
邪道と言えば邪道ですが、


私の人生の道のりは
邪道&じゃり道ですので、お許し下さい。


これなら、夏のほっそいサバを持ち帰っても
美味しく食べれます。


邪道な方はぜひお試しください。


追伸・
アニサキスが気になる方は、正露丸が効くらしいので
胃がちくちくしたら試してください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。