おどやんの船釣りブログ

さいたま市在住の船釣りと大宮アルディージャと他人の痛風をこよなく愛するおじさん

埼玉グルメ 鰻 松伏 川昌

暑い日が続いて少々バテてきました。
この時期はなんといってもうなぎ。
しかし、おどやんは家でうなぎは食べれません。



今から18年前、新婚当時に、嫁ちゃんが
 うなぎを買ってきて出してくれましたが、
みごとに中国産で泥臭くて食えたもんじゃねーと、
 文句を言ったら、嫁ちゃんが
泣いてしまいそこから家では出てこなくなりました・・・



その後、とんかつも揚げ方がよくないという理由で、嫁ちゃんを
泣かしてから、おどやん一家では
 とんかつとうなぎは専門店に限るということに閣議決定され、
 二度と食卓にでることはなくなりました・・・



日本全国を車中泊等で廻ったおどやんの
 うなぎランキングは、


1位 宮崎の「入船」
 2位 松伏の「川昌」
 3位 池袋の「かぶと」


3位のかぶとは、味は1位に匹敵する程、美味ですが
 親父がめんどくさいので3位です。
(追記・親父さん引退?してたみたいですね)


というわけで、土用の丑の日の翌日に
 うなぎパワーを充電しに
2位の川昌さんに行ってまいりました。



こちらのお店は通常は毒があり、刺身は食べられないのですが、
うなぎのお刺身の商標登録を持っていて、「うなさし」
が有名です。その他、創作うなぎがあり、メニューも沢山あります。





駅からすごく遠く(松伏町に駅はありません 涙)
 車でないといけないお店ですので、
おどやんはいつもは、嫁ちゃんとくる場合は、嫁ちゃんに運転をお願いし、
 生ビールをどじょう南蛮とうなぎの生ハムでやっつけて、
 白蒲重(白焼と蒲焼の両方)を頂くのですが、


 今回は友人の運転手でもありますので、ノンアルコールビールで我慢しました。


うなぎの燻製生ハム






白蒲重(上)



ビールを飲まないからか、友人が頼んだつまみ(関西風うなぎ蒲焼・うなぎ生ハム・どじょう南蛮・うなぎのホルモン串)を頂いて、締めの白蒲重は、途中で重くて半分しか
食べれませんでした・・・



40歳を超えると急激に、こってり系が大量には食えなくなるのを実感しながら
 セコビッチ2段のおどやんは、お店に頼んで鰻をお土産にしてもらいました(恥)


でも、やっぱりこのお店の鰻はおいしいです。
 交通の便の悪さを差し引いても、やっぱりおいしい。
ウマーウマーです。



十分にパワーを頂いたので、
8月は、タチウオ祭り&キハダカツオ先輩祭りに参戦して、
またブログをアップしたいと思います。



うなぎ様ご馳走様でした。どんどん増えてね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。